農 LOOK PASS

農業・IT・田舎・ペット・経験をノールックパスでお届けします

絶対に失敗しない結婚式にするために主賓の祝辞は誰にお願いすべきか?

f:id:takuro-honda10:20190614171137j:plain

 

 通常の披露宴では「主賓の祝辞」というものがあります。

 

 主賓の祝辞は、どういった方を選んでお願いすればよいのか非常に迷うところでは無いでしょうか。

 

 今回は、私たちの経験も踏まえた上で、どういった方を選んだか、どのようにお願いしたかについてまとめていきたいと思います。

 

 

 

 

1.主賓の祝辞は誰に頼むか

 

 主賓は、すべてのゲストを代表して、新郎新婦にお祝いの言葉を述べるという大役です。

 

 そのため、通常は「ゲストの中で一番社会的地位が高い人」にお願いをします。

 

 会社関係のゲストを招いたら、そこにいる方々の中で自分の所属する課などの管理職や会社社長に主賓をお願いすることが多いです。

 

 しかし、必ずそのようにしなければいけないという決まりは特にありません。

 

 学生時代の恩師や家族みんなにとって大切なゆかりのある方でも良いと思います。

 

 因みに私たちは、二人とも会社を辞めていましたので、私が招いた会社関係のゲストの中で、私が新人の頃から大変お世話になった会社の先輩にお願いしました。

 

 会社関係で招いたゲストの方の中には地位だけで言えば上の方がたくさんいましたが、会社を辞めていましたし、全体的な関係性や私の人間性も加味した上で、先輩にお願いしても周りの気分を害することは無いと判断しました。

 

 結果的には大変温かい言葉をいただき、素敵な祝辞をいただくことが出来ました。

 

2.どのように依頼するか?

 

 主賓を誰にお願いするか決めたら、基本的には直接本人に二人で会って、依頼するのが丁寧かと思います。

 

 二人で、「結婚すること」「結婚式をするため、出席してほしいこと」「主賓の挨拶をお願いしたいこと」を伝えると良いかと思います。

 

 私たちは既に遠方へ引っ越してしまっていたという事情もあり、LINEだけで連絡をとりました。

 

 本来であれば、LINEやメールで依頼したとしても、電話も追加すべきかとは思いますが、先輩との関係性も考慮した上で、LINEだけ送りました。

 

 逆にやってはいけないこととして、勝手にこちらで主賓を決めてしまって、事前に連絡もせずに招待状の中に付箋で依頼を送ってしまうことです。

 

 これでは主賓の方もびっくりしてしまいますし、断られてしまうかもしれません。

 

 また、主賓を誰にお願いするか決めたら、なるべく早め(だいたい2ヵ月以上前)に事前に本人へ依頼した方が良いです。

 

 断られた場合は、他の方に主賓の挨拶をお願いしなければならないためです。

 

 

 

3.依頼の際に伝えておくべきことは?

 

 主賓を依頼した方にOKをもらったら、詳細を伝えます。

 

・披露宴開始からどのあたりのタイミングで祝辞に入るのか
・祝辞でどれくらいの時間が用意されているか
・(もしあれば)祝辞で話してほしいエピソード
・ゲストの人数や披露宴の雰囲気
・主賓の人数(自分だけなのか、新郎新婦から1名ずつなのか)

 

 このあたりを伝えられると良いかと思います。

 

 私たちの場合は夫婦ともにお世話になっていたので、主賓にすべて話す内容はお任せしました。

 

4.まとめ

 

 いかがでしたでしょうか。

 

 主賓を誰にお願いするかは非常に悩ましいところだと思います。例えば夫婦が同じ会社で立場が同じくらいの方が何人かいたときに誰にお願いするか?など。

 

 悩むケースはたくさん出てくるかと思いますが、プランナーの方や先輩夫婦、両親に相談してみましょう。

 

楽しんでくださいね!