農 LOOK PASS

パラレルワークが人生をきっと豊かにしてくれる

【結婚式までの体験談】ブライダルフェアで確認するべきポイントは?

f:id:takuro-honda10:20190604234229j:plain

※更新日2019年7月6日 

 

「ブライダルフェアを予約して、式場見学に行くけど、どんな点を確認すれば良いんだろう?」

 

 こんな疑問をお持ちのカップルも多いかと思います。今回は、私たちの体験談を踏まえながら、ブライダルフェアで確認するべきポイントについて紹介していきます。

 

 

 

 

 

1.自分たちのこだわりを達成できるかどうか

 

 自分たちの持っている結婚式のこだわりが達成できるかどうかを確認します。

 

こだわりについてはブライダルフェアに行く前に二人で良く話をして、可能であればそのこだわりに優先順位をつけておくことをおすすめします。

 

このことについては以前の記事でも紹介していますので、合わせてご覧ください。

 

【以前の記事はこちらからアクセス出来ます】

【結婚式までの体験談】式場選びを始める前に確認しておくべきことは? - 結婚式のホンネ

 

 私たちは、「式場から二人の思い出の観覧車が見える」というこだわりがあったので、これを最優先に会場を見学しました。

 

会場から見えないところは候補から外すことが出来たので、数ある式場を絞り込んでいくにあたって、良い基準となりました。

 

2.スタッフさんやプランナーさんの印象

 

 対応してくれるスタッフさんやプランナーさんの印象も重要です。実際に行ってみると分かりますが、全然違います。

 

自分たちに合いそうなスタッフさんやプランナーさんかどうか見極めましょう。名刺をもらうと思いますので、名刺の裏などに印象をメモしておくと良いです。

 

また、「このプランナーさんにお願いしたい!」と思えるような素敵なプランナーさんに出会った場合、必ず「実際にプランナーとして最後まで担当してくれるのでしょうか?」ということを確認しておきましょう。

 

 私たちの場合、最初に対応していただいたプランナーさんが最後まで担当してくれるのかとばかり思っていたのですが、いざ本格的に結婚式準備が始まる頃に別のプランナーさんが担当されるとのことで連絡がありました。

 

 どちらのプランナーさんも丁寧で素敵な方だったため、楽しく準備を進めていくことが出来ましたが、「このプランナーさんに最後まで担当でいてほしい!」という思いが芽生えたら、しっかりと確認しておくことをおすすめします。

 

3.見積に関して

 

 結婚式は二人にとって最高の思い出になることは間違いありませんが、その分、費用は高額になることが予想されます。

 

見積は他社との比較においても非常に重要ですので、ポイントを分けてまとめます。

 

 

 

3−1.持ち込み料がかかるかどうか

 

 花嫁が着るドレスは、花嫁が一番こだわりたいところの一つだと思います。

 

基本的には、どの式場も提携しているレンタルドレス店があります。

 

しかし、自分の気に入ったドレスがレンタルドレス店で見つからない場合や自分が着たいドレスが違う店にある場合は、ドレスを会場に持ち込むことになります。

 

その際に追加費用が別途必要なのかどうかを確認しましょう。

 

 私たちが選んだ会場は、持ち込み料はかかりませんでしたが、提携しているレンタルドレス店でドレスを選ぶと割引が適用されるというパターンでした。

 

この部分は全体価格に大きく影響を与える部分ですので、しっかり確認しておきましょう。

 

3−2.写真撮影やビデオ撮影はプロが行うのかどうか

 

 式場によっては、写真撮影やビデオ撮影はアルバイトが担当していることもあるようです。

 

せっかくお金を払って撮ってもらう写真やビデオがアルバイトでは、非常に心配です。プロの方が行ってくれるのかどうか、しっかり確認しておきましょう。

 

 私たちは当初、「この部分は家族や友人にお願いすれば節約出来るのでは?」と考えていました。

 

しかし、ネットで調べてみると、「孫たちばかり写っていて、後悔した」「写真やビデオ撮影をお願いされたけど、プレッシャーに感じる」などという口コミも多くあり、やはり会場の方にお願いすることにしました。

 

3−3.提示してもらった見積からどの程度まであがる可能性があるか

 

 通常、初回提示見積のまま、式本番を迎えられることはまず無いと考えておいた方が無難です。

 

人数の変動はもちろんですが、そもそも初回提示見積では「最低限必要なもの」しか含まれないことがほとんどです。

 

会場側もビジネスですから、他会場との単純な見積比較だけで負けてしまうことは避けたいということがあるからだと思います。

 

 私たちは事前に結婚式にかかる見積をネットで相場検索していました。

 

その中の口コミで「初回見積と最終見積で50万とか100万くらい違う」ということが書いてあるのを見てびっくりしました。

 

そのため、初回見積を出してもらう際は「とにかく費用として絶対にかかるものを確実に入れてください!」とお願いしました。

 

 それでも最終見積は100万程プラスになりました。

 

 そのため、初回見積を出してもらう際は「費用として絶対にかかるものを一番高い値段で提示してください」とお願いするか、「この初回見積から人数に変更がないとして、どれくらいまで上がる可能性がありますか」ということを確認することをおすすめします。

 

あとから気づいたのですが、料理がすべて一番安いプランで提示されていました。料理は「単価×ゲストと新郎新婦の人数」なので、見積の中でも結構な割合を占めます。

 

 

話を進めていく中で、「必要なもの」や「不要なもの」が段々と見えてきますので、最初の見積金額から変更は必ず出てくると思っておきましょう。

 

4.まとめ

 

 いかがでしたでしょうか。

 

 実は、確認しようと思えば、気にするべき他のポイントもたくさんありますが、それは他のサイトに任せます。以下に参考リンクを貼っておきます。

 

hana-yume.net

 

 しかし、これを行く会場すべてで確認しても多分疲れてしまうだけです。

 

まずは、二人のこだわりを整理して優先順位をつけましょう。こだわりを整理する際に上記のリンクを使いながら確認していくと良いと思います。

 

楽しんでくださいね!