農 LOOK PASS

パラレルワークが人生をきっと豊かにしてくれる

退職代行サービスの需要が急増しているらしい【2019年版】

f:id:takuro-honda10:20190608231611j:plain

※更新日2019年6月14日

 

 私は、2018年3月に前の会社を退職して、現在は起業に向けて準備をしています。

 

 退職の意思を固めたときにはまず上司を居酒屋に呼び出して1対1で、最初は雑談をしながら徐々に本題に入る形で話をしました。

 

 やはり話すまでは少し緊張はしましたが、会社自体は楽しかったですし、上司との関係も良好だったため、自分の口でしっかりと考えを伝えたいと思い、話しました。

 

 ところが、最近、おどろきのニュースを目にしました。

 

 なんと、、、退職を代行してくれるサービスがあるそうです。

 

www.nikkansports.com

 

いよいよ退職まで代行してもらう時代になったのですね。。。

 

 どうしても職場環境によっては辞めにくいところもあると思いますので、そういった方々にとってはストレス回避出来る、良いサービスだと思います。

 

 今回は、実際に退職代行をしてくれるサービスをいくつか見つけたので紹介したいと思います。

 

 

 

  

わたしNEXT

taishoku.to-next.jp

 
 「わたしNEXT」は、女性の特有の悩みに考慮し、辞めたいけど退職を言い出せずに苦しむ女性を退職ストレスから解放、「次のわたしへ」行けるようサポートすることを最大の目的とした退職代行サービスです。


 特に女性は、強気な上司であったり、人手不足や人間関係を悪くしないようになどの職場の空気に配慮して、退職を言い出せずに苦しんでいる人も多くいるかと思います。

 

 また、そこまで深刻ではないけど仕事がつまらないと感じていたり、上司や同僚などと合わない、職場の雰囲気が合わないなど、何となく次に行きたいなぁと日々感じている方も多いかと思います。


・退職のご相談は無料
・正式依頼後は本人に代わって会社側への退職の連絡を代行。
・支払いは、銀行振込、各種クレジットカード、コンビニ決済、キャリア決済、楽天ペイから選択可能(今後変更する可能性あり)
・依頼後の追加料金は発生しない。
 

 

汐留パートナーズ法律事務所

 

taishoku-service.com

 

 こちらは、弁護士事務所の退職代行サービスです。損害賠償請求交渉、残業代請求交渉、退職金請求交渉、有休消化交渉を専門的にしっかりと行ってくれます。

 

 グループに社労士がいるため、労災申請など、複雑な案件も受けられます。しっかりと法律的に解決、円満退社が望めます。

 

 

 

まとめ

 

 いかがでしたでしょうか。

 

 最初に退職代行のサービスを知ったときには「お金を払ってまで退職するなんて、そんなニーズがあるのか?」と思いましたが、「辞めたくても辞められない」というような、複雑な事情を抱えている方がたくさんいることを同時に知りました。

 

 「気持ちよく次のステージへ向かいたいけど、どうしても退職を言い出せない」

 

 そんな方々にとっては、痒いところに手の届くサービスなのではないでしょうか。