ほんたくからのおくりもの

不安でも、恐くても、一歩前へ

【結婚式しました!】結婚式招待状の返信はがきのマナーと正しい書き方は? 【ゲスト向け 実例紹介あり】 

f:id:takuro-honda10:20190424074627j:plain

 

「返信はがきの【ご出席】の【ご】って2重線で消しておくんだよ?」

 

 昔、友達の結婚式の招待状の返信はがきを記入していたときに、妻から言われて愕然としました。招待状の返信はがきの書き方にマナーがあることを知りませんでした。

 

「俺はなんて常識知らずなんだ。。。」「昔、そのまま送ってしまったことあるなー」

 

 当時、ネットで返信マナーや正しい書き方を一生懸命調べながら記入した記憶があります。そして、今回はその返信はがきを受け取る側の立場となり、なんだか不思議な気持ちです。

 

 ただ、実際に受け取ってみると、「やっぱりみんながみんな完璧じゃないんだなー」というのが率直な印象で、「様」と「御中」の書き間違えだったり、打ち消し線が無かったりする人もいました。でも、正直受け取る側は出席してくれるだけで十分嬉しいので細かいことは気になりませんでした。

 

 しかし、中には「これは素晴らしい!素敵だ!」と思う返信はがきもあったりして、やっぱりある程度のマナーや工夫の仕方は知っておいて損はしないのかなと思いました。そこで今回は、ゲストの方向けに返信はがきのマナーと書き方を紹介するとともに「実際にこんなはがきをもらいました!」ということでいくつか事例を紹介したいと思います。

 

 

 

1.招待状の返信はがきは早めに返信してあげる

 

 招待状が届いたら、まずはすぐに中身を確認してあげてください。返信はがきの期日の目安が書かれているはずです。おそらく1ヶ月程の余裕はあると思いますが、なるべく届いたらすぐ返信することを心がけると良いと思います。可能であれば1週間以内に返信してあげることをおすすめします。

 

 私たちの考えですが、1週間以内はあくまでマナーでありその方が好ましいということです。期日を守って返信してあげれば基本的に準備で困ることはありません。なぜなら、招待状を送ったゲストは基本的に全員来てくれる想定で準備を進めているからです。

 

 多分一番困るのは、「出席出来なくなってしまったのに連絡していない」とか「期日を過ぎても返信はがきが来ないし、連絡もない」というパターンです。私たちの体験談では、「期日を過ぎても返信はがきが来ないし、連絡もない」というのがありました。こちらから期日を過ぎてしまった方にLINEで連絡をして、出席確認が出来たので良かったのですが、返信はがきは忙しくてもちゃんと返してあげましょう。

 

2.黒のペンを使って書き、句読点は使わず、定規で打ち消し線を引く

 

 招待状の返信はがきは、黒のペンで書きます。毛筆や万年筆がベターと言われていますが、ペンで問題ありません。メッセージや一言を書く場合は「、」「。」などの句読点は「区切り、終わり」を意味するため、NGです。また、【ご出席】の「ご」を2重線で打ち消す場合は定規を使います。

 

 私たちがいただいた返信はがきは、打ち消し線で定規を使っている方と使っていない方で、半々くらいだったと思います。でも、これも全く気になりませんでした。1重線を書いていた人はいませんでした。

 

因みに私はいつも定規を使っていませんでした。。。

 

3.返信はがきの書き方

 

 まず表の「宛先」の「〇〇(〇〇は新郎新婦の名前が入っている)行」の「行」だけを2重線で消します。そして、その左横に「様」と書きます。私たちのいただいた返信はがきのうち、いくつか「御中」と修正されているものがありました。「御中」は企業名、団体名、部署名、官庁、店名は分かるが、担当者個人までは特定出来ない場合に使われる敬称です。そのため、「様」の方が適切かと思います。

 

 私のある友人は「Want you♡」と変えて送ってきてくれました。とても嬉しかったです!「様」にすべきであることを分かっていて、あえてWant you(御中)を書いてくるあたり、最高です。

 

親しい友人への返信はがきなら、「Want you♡」はアリですね!

 

 次に裏の「ご出席」は「ご」のみを2重線で消します。そして「出席」の前に「慶んで(喜んで)」を追記して、後ろには「させていただきます」をさらに追記して、全体が「慶んで出席させていただきます」となるようにすると丁寧な印象になります。続けて「ご芳名」の「ご芳」と「ご住所」の「ご」を2重線で消します。連名で招待された場合は、人数分の名前を記載しましょう。

 

「ご」を2重線で消して、「出席」に丸をつけるだけでもOKです。こちらの方が多いとは思いますよ!

 

4.まとめ

 

 いかがでしたでしょうか。

 

 今回は、結婚式に招待されるゲスト向けに返信はがきのマナーと書き方を紹介しました。しかし、親しい友人へ向けてのはがきであれば、花柄の絵やスタンプを入れてみたりしても全く問題ありません。むしろ私たちがそのようなはがきが届いたときは、本当に嬉しかったです。

 

2重線で取り消す代わりに「寿」という字で取り消すという上級テクニックを使う強者もいました!結婚する二人を喜ばせてあげてくださいね!