農 LOOK PASS

パラレルワークが人生をきっと豊かにしてくれる

【体験談】引越しが初めての方や久しぶりの方へ 〜引越しで注意すべきポイント〜

ãç©æµã®ç¶­æã»ç®¡çãè¡ãééç©é業åãï¼»ã¢ãã«ï¼æ½æ¨èª ä¸éï¼½

 

 初めての引越しや、久しぶりの引越しですと、不安なことも多いかと思います。引越しで注意すべきポイントは、引越しの段取りです。

 

 

引越しの段取り

 

 引越しの段取りは、概ね以下の流れで進みます。

・今の家の退居連絡

・新居探し

・荷物の整理

・引越し業者への見積依頼

・ダンボール詰め

・搬出

・今の家の後処理

・新しい家での荷物搬入

 

今の家の退居連絡

 

 「今の家の退居連絡」は、社会人生活スタートや転勤等の予定が決まった段階で、退去予定がある旨を事前に今の家の管理会社へ連絡します。退居連絡のルールについては、契約書で事前に決まっていることが多く、経験上「退居予定1ヶ月前までに連絡する」というパターンが多いです。なお、退居連絡は退居日程が確定していなかったとしても、ひとまず「予定がある」旨をちゃんと伝えておいた方が、後々のトラブルを未然に防止出来ます。

 

新居探し

 

 「新居探し」は、社会人生活スタートや転勤、新たな学生生活が決まった段階で、すぐにでもネットなどで探し始めます。社会人生活スタートや転勤、新たな学生生活は、だいたいほとんどの人が同じ時期です。同じ時期なので、場所やタイミングによっては希望する物件が見つかりにくい場合もあります。物件が見つからないと、そのあとの段取りにも進むことが出来ません。物件探しは、早めに行いましょう。

 

荷物の整理

 

 「荷物の整理」は、新居探しが終わったあとに間取りを考えて、持っていくものや捨てるもの、売るものや(実家なら)置いておくものを整理し始めます。事前に整理をしておくと、そのあとのダンボール詰めの作業が楽になります。また、整理して出てきた粗大ゴミなどは、適切に処分する必要が出てきます。粗大ゴミは、すぐに捨てることは出来ず、市などに連絡をして日程を決めて処理業者に引き取りに来てもらう必要がありますのでご注意ください。

 

引越し業者への見積依頼

 

 「引越し業者への見積依頼」は、荷物の整理を進めつつ同時に依頼します。荷物の整理を進めていくことで、持っていくものが整理出来ますので、見積もより正確に算出することが出来ます。なお、見積は4〜5社程度へ依頼して比較することをオススメします。見積は引越し見積もりサイト で一括依頼することが可能です。また、可能なら、引越しは土日が多いため、なるべく平日で時間指定しない見積を選択することが見積を安くするポイントです。

 

日本トラック協会によると、今年は2019年3月23日〜4月7日が引越しの多い時期だそうです。

 

ダンボール詰め

 

 「ダンボール詰め」は、引越し業者決定後に業者からダンボールをもらって自分で必要な荷物を詰め込みます。基本は自分で荷物を詰めますが、中にはダンボール詰めから実施してくれる業者もありますので、自分の都合に合わせて良い手段を選択してみてください。自分でダンボール詰めをする場合は、荷物の量にもよりますが、結構時間がかかるので、ダンボールをもらったら早めにとりかかりましょう。

 

搬出

 

  「搬出」は引越し当日に業者が来て、ダンボールの運び出しや洗濯機やベッドなど、新しい家へ持っていく物の運び出しを行います。ダンボールは事前に玄関の近くに纏めて置いておくと業者がスムーズに作業出来ます。また、運び出しの際は業者が不明に感じることもあると思いますので、基本的にはいつでも指示が出来るように近くで待機していることをオススメします。

 

今の家の後処理

 

 「今の家の後処理」は、全ての荷物が運び出されたあと、必要に応じて清掃をするとともに、電気やガス、水道を忘れずに止めます。電気やガス、水道は退去連絡時に管理会社から停止に関する内容が指示されるケースが多いかと思います。そして、全ての処理が完了したら、管理会社の方と室内の使用状況をチェックして、部屋の傷の具合などをチェックします。チェックが終わったら、鍵を管理会社の方へ返却します。これで後処理全てが完了となり、後日、敷金などが精算されて返金されます。

 

私の場合は、全ての処理が完了したあと、ドアの鍵をかけて、それを管理会社へ返却したり、鍵付きポストに鍵を入れておくなどのパターンがありました。入居先の管理会社によって、退去時の後処理手順はまちまちです。 また、管理会社の中には、入居時からそれほど傷が増えていたりしていないにも関わらず退去時に高額な料金を請求してくるケースもあり、問題になることもあります。入居時には、なるべく多くの箇所の写真を撮っておき、「自分がつけた傷ではない」という証跡をしっかり残しておくようにしましょう。

 

新しい家での荷物搬入

 

 「新しい家での荷物搬入」は、業者が配送してきてくれた荷物を新しい家の中に運んでもらいます。業者が到着する前に新しい家の玄関のドアの鍵を開けておくとスムーズではあります。ただし、退去した家から新しい家までの距離やそのときの状況によっては業者を待たせてしまうことになるかもしれません。待たせることになってしまう場合は事前に一言伝えておくと丁寧です。

 

 また、新しい家に引っ越す前に、電気やガス、水道も予め開通連絡しておく必要があります。開通連絡の方法は新しい家の契約時に管理会社が教えてくれるため、自分が連絡を忘れなければ、このことが問題になるケースはないかと思います。

 

しっかり段取りして、楽しい新生活を満喫してくださいね!