農 LOOK PASS

パラレルワークが人生をきっと豊かにしてくれる

【もうすぐ確定申告】仮想通貨の損益計算に便利なツール

ç¼ç½å£²ããããã¤ã¼ãµã¨ãªããã«

 

こんにちは、ほんたくです。

 

仮想通貨、皆さんは持っていますか?

 

2017年は仮想通貨元年と言われ、その辺のカフェや居酒屋の至る所でサラリーマンが「仮想通貨が...」という話をしていたのが懐かしいです。

 

その後、仮想通貨大手の1社であるコインチェックが2018年1月26日に「NEM(ネム)」を流出させて以降、どの仮想通貨も下落の一方を辿り、当時投機目的で購入してバブルのように盛り上がっていた人たちは次々といなくなり、2019年現在では閑古鳥が鳴いている状況となっています。

 

それでも、仮想通貨の技術であるブロックチェーン自体は、とても魅力的であり、今後の世の中を劇的に変化させていく可能性があります。

 

私も農業の世界でブロックチェーンを利用した生産管理や食の提供について、今後取り組んでいきたいと考えています。

 

話が少しそれました。

 

今日は、仮想通貨で発生した売却損益を確定申告する際に便利なツールを紹介します。

 

「計算方法ってどうするの?」

「たくさん対象明細があって、気が遠くなる。。。」

 

そんな方にとって、とても便利なツールですので、是非使ってみて下さい。

 

Cryptact(クリプタクト)というツールです。

 

grid.cryptact.com

 

仮想通貨の収益(損益)の計算は「tax@cryptact」というものを使います。

最初にアカウントの作成が必要です。 

 

簡単!明細を取り込むだけ

 

本当に簡単で、明細を取り込むだけで勝手に計算をしてくれて、収益部分が一瞬で出ます。

 

簡単に手順を紹介したいと思います。

 

1.tax@cryptactに入ると、以下のような画面が出てきますので、「ファイルをアップロード」をクリックします。

 

f:id:takuro-honda10:20190216231044p:plain

 

2.自分が利用している取引所(販売所)を選択します。ここでは例として、「coincheck」を選択します。

 

f:id:takuro-honda10:20190216231357p:plain

 

 

 

3.アップロードしたいデータを選択します。ここでは、コインの送信履歴を送りますので、「coincheck コインを送る」を選択します。

 

f:id:takuro-honda10:20190216231600p:plain

 

4.ドラッグアンドドロップするか、ダブルクリックしてアップロードするファイルを選択します。

 

f:id:takuro-honda10:20190216232339p:plain


5.「準備完了」になっていることを確認して、「アップロード」します。

 

f:id:takuro-honda10:20190216232500p:plain


終了です。

 

たったこれだけなんです。

すごく簡単ですよね?

 

なお、各取引所によって、必要なファイルは変わってくるのですが、必要なファイルの抽出方法は手順1.の「ファイルをアップロード」の下にある「取引履歴ファイルの入手方法や使い方についてはヘルプをご覧ください。」で確認することが出来ます。

 

しかもこのツール、なんと無料で使えて、かつ対応している取引所も多いので、これ一つあれば楽々計算が出来ます。

 

自分で確認しなければいけないのは、仮想通貨の取引で発生した手数料だけです。

⇒経費に出来ますよ!

  

もうすぐ確定申告の時期ですね。

 

これがあれば税理士さんにお願いする必要もないですし、是非使ってみて下さいね。