のーるっくぱす

節約・IT・田舎・ペット・たまに他のことをノールックパスでお届けします

バレンタインデーは女性から男性へ贈り物をするというのは固定観念だった件

ã©ãã©ãã»ãã¬ã³ã¿ã¤ã³ 

 

 もうすぐ待ちに待った?バレンタインデーですね。

 

 きっと異性にチョコレートを渡す予定のある人は、楽しみでその日が待ち遠しいような、でも渡すのが恥ずかしすぎてその日が来てほしくないような、複雑かつ絶妙な乙女心で心待ちにしていることと思います。

 

 私もきっともらえるだろうと楽しみにしています!

 

 ですが、ある時、衝撃の事実を聞かされました。

 

 「バレンタインデーに女性から男性へチョコレートを贈ったり、想いを伝えたりするのって、日本だけみたいだよー」

 

 ...えぇーーーーー!?(TOT) 

 

 違うよね、そんな訳ないよね?

 

 だいたい、日本だけ逆だなんて、おかしいじゃん。

 

 ホワイトデーだってあるし。

 

 祈りつつ、検索。

 

 ヒット。終了。本当でした。

 

  では、そもそもバレンタインデーって一体何なのか、なぜ日本だけ「女性から男性へ」なのか。

 

 そのあたりを簡潔にまとめてみます。

 

 

 

 

 

1.バレンタインデーとは?

 

 バレンタインデーが「女性から男性にチョコレートやプレゼントを贈ったり、想いを伝える日」というのが日本限定のイベントである以上、世の中の定義を知りたいと思ったので、まずはいくつか探してみました。

 

ローマ時代のキリスト教殉教者ウァレンチヌスの祝日。2月 14日がこれにあたり,この日には友人や恋人の間でカードを交換したり,贈物をする習慣がある。この習慣は古代ローマの豊穰祈願祭ルペルカリアと関連があると思われるが,ウァレンチヌスとは元来無関係であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

 

〔バレンタインは、三世紀にローマで殉教したキリスト教徒の英語名〕

聖人バレンタインの祝日。2月14日。古代ローマの異教の祭りと結びついて、(日本では女から男へ)愛の告白や贈り物をする習慣がある。セント-バレンタイン-デー。 [季] 春。

 出典 三省堂大辞林

 

2月14日。後顧の憂いを絶つため遠征する兵士の結婚を禁じたローマ皇帝クラウディウスに反対したバレンタイン(ウァレンティノス)司祭が処刑された270年2月14日の記念日と、この節に木々が芽吹き小鳥が発情することとが結合した風習といわれる。初めは親子が愛の教訓と感謝を書き記したカードを交換する習慣だったが、20世紀になって、男女が愛を告白して贈り物をしたり、とくに女性が男性に愛を告白する唯一の日とされるようになった。日本では1936年(昭和11)と52年(昭和27)ころに、神戸の「モロゾフ」がチョコレートを贈る風習の移入を計画したが発展せず、一方関東で1958年、東京の洋菓子商「メリーチョコレートカムパニー」により、女性が男性にチョコレートを贈る風習が始められ、年ごとに盛んになった。[佐藤農人]

 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)

 

 一番下の小学館出典の内容が細かいですね。

 

 「後顧の憂い(こうこのうれい)」とは「自分がいなくなった後の気遣い、将来への心配」という意味です。

 

 私としては、

 

 「昔、兵士たちに結婚をさせなかった(なぜなら、結婚して、戦いに出たら帰って来れなくなるかもしれないのに、思い残すことがあるとよくないと考えたから)クラウディウスという人に反抗したバレンタインさんが処刑されてしまった。だからこの日を逆に思い残すことがないように精一杯気持ちを伝え合おうという日」

 

 と理解しました。

 

 つまり、おそらくは男女どちらともなく、しっかりと想いを伝え合おうという日だったのではないでしょうか。

 

 

 

2.なぜ日本だけが「女性から男性へ」なのか

 

 これに関しては、多分先程の小学館出典の内容がルーツかと考えられます。

 

日本では1936年(昭和11)と52年(昭和27)ころに、神戸の「モロゾフ」がチョコレートを贈る風習の移入を計画したが発展せず、一方関東で1958年、東京の洋菓子商「メリーチョコレートカムパニー」により、女性が男性にチョコレートを贈る風習が始められ、年ごとに盛んになった。[佐藤農人]

 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)

 

 恵方巻きを広めたのが、セブンイレブンであるように、やはり商売のタネを作りたいという、企業の思惑があるのですね。

 

 因みに海外に関しては一部ですが、

 

  • 【アメリカ】男性から女性へチョコレートを送る。友チョコや義理チョコというバックアップ的なチョコレートはない。ホワイトデーはなし。
  • 【イギリス】男性から女性へ花束やプレゼントを贈る。
  • 【ドイツ】既に付き合っている2人や夫婦のイベント。
  • 【イタリア】恋人同士の気持ちを確かめ合う日。

 

 こんな感じで各国少しずつ違うようですね。

 

3.まとめ

 

 いかがでしたでしょうか。

 

 バレンタインデーに女性から男性へチョコレートを渡したり、想いを伝えるというのは日本だけと聞いたときは衝撃でしたが、実際に調べてみるとそのルーツが分かり、多少すっきりしました。

 

 多分、海外でも商売の戦略が優先されて、各国に合った風習となっているのでしょうね。

 

 ただ、いずれにしてもバレンタインデーは元を辿れば「想いを伝え合う」ということだと思いますので、男性もホワイトデーを待たずにバレンタインデーにサプライズすれば、意表をついた行動でその気にさせることが出来るかもしれませんね!