のーるっくぱす

モバイルに関する情報を中心に経験談なども綴る雑記ブログです。

犬を飼うためにどれくらいの費用がかかるのか?

f:id:takuro-honda10:20190124202349j:plain

 

 犬ってかわいいですよね。

 

 写真はうちの家族のわんちゃん(犬種はウェルシュ・コーギー・ペンブローク)です。

 

 これから犬を飼いたいなと思っている方もきっと多いと思います。

 

 でも、色々と悩むこともあるのではないでしょうか。

 

「飼いたいけど、結構お金かかるよなー」

「育てるのって、やっぱり子供と同じだし、大変だよなー」

 

 そこで本日は、1年半2年以上わんちゃんを育ててきて、実際にかかった費用や苦労した点、飼う前に考えておくべき点などをまとめてみたいと思います。

 

 

 

 

1.ペットの初期費用

 

 ペットショップやペットショップサイトで見ていると分かりますが、生まれてすぐのわんちゃんや人気のある犬種は10万円や20万円以上の子多く、やはりそれなりの金額がかかります。

 

 生まれてから少し時間の経っているわんちゃんでしたら、金額も抑えられますし、可愛い子もたくさんいますよ!

 

 因みにうちのわんちゃんの生体価格は17万円くらいで、そのときに店員さんにアドバイスを受けながら、スターターセットも購入しました。

 

 スターターセットには、ケージや赤ちゃん犬用の食事や離乳食がついています。最初は分からなかったので購入しましたが、ほとんどのものは使うことはありませんでした。

 

 あとはペット保険もそのときに入りました。 

 

 年額で4.5万円程です。

 

 人間だったら、自分で保険に入るか入らないか決められますが、わんちゃんは決められません。

 

 やっぱり、何かあったときにちゃんと対応してあげられないのは、わんちゃんは勿論、家族も辛いです。

 

 保険は入っておいた方がよいと思います。うちのわんちゃんはアイペットに加入しています。アイペットは結構高額だと分かり、先日解約しました。現在は楽天のペット保険に乗り換えました。

 

【参考記事】

【節約術】ペット保険を比較して見直せば絶対お得になる! - のーるっくぱす

 

2.最初の半年でかかった病院費用

 

 飼いはじめて最初の頃は狂犬病予防やワクチン接種などが必要となります。

 

 また、強制ではないですが避妊・去勢手術なども必要となるかもしれません。

 

 簡単ですが、うちのわんちゃんを飼い始めたときに必要となった病院関連の費用を記載します。

 

1ヶ月目:¥11,880

 

 一番大きな金額は「混合ワクチンの接種 ¥7,500」です。

 

 他は初診料だったり、爪切り(今は自分でやっています)も入っています。

 

2ヶ月目:¥13,760

 

 大きな金額は「混合ワクチンの接種 ¥7,500」と「フィラリア予防 ¥2,200」です。

 

3ヶ月目:¥21,040

 

 この月は「ペットホテル3.5日 ¥10,500」と「狂犬病予防注射と登録代 ¥6,000」が大きく、フィラリア予防もしました。

 

4ヶ月目:¥3,130

 

 フィラリア予防が一番大きな金額です。

 

5ヶ月目:¥48,600

 

 この月はほぼ、避妊手術関連費用です。

 

6ヶ月目:¥9,930

 

 この月はちょっと体調を悪くしていたので、「レントゲン検査 ¥5,000」をしました。

 

 それに伴ってお薬や注射をしてもらった分が追加でかかっています。

 

 以降はたまにペットホテルに泊まるときに費用がかかっているくらいです。

 

 これとは別でご飯代やペットシーツ代がかかってきます。

 

 

 

3.大変だったこと ートイレー

 

 コーギーはとても頭の良い犬種なので、うちのわんちゃんもトイレをすぐに覚えました。

 

 ところが、最初の頃はとにかくトイレの回数が多いです。

 

 1日5回〜6回くらいはします。

 

 なるべく早くシートを変えてあげるのですが、シートを変えていないままだと同じところにはしたくないようで、トイレ代わりになったベッドも何個もダメにしてきました。笑

 

 ちょっとお出かけするとそんな感じで、慣れないうちは本当に苦労しました。

 

 しかも自分で踏んづけていることも数知れず。。。

 

 何度も一緒にシャワーしました。

 

 そのため、もし一人で飼うことを考えている場合は本当に大変です。

 

 ちょっと料金がかかっても、確実にペットホテルなどに預けるか、他の人に助けを求めることが出来る環境が必要です。

 

4.大変だったこと ーなんでも食べちゃうー

 

 ぬいぐるみの人形をいっぱい噛んで綿を出してしまって食べてしまい、嘔吐しまうことがたまにありました。

 

 なるべく綿が出てきてしまったら、すぐに人形を捨てるようにはしていましたが、それでも気づかないこともありました。

 

 異物を食べても泣いたりしないので、気付きにくいです。

 

 普段から注意深く見ていてあげることが大切です。

 

5.まとめ

 

 いかがでしたでしょうか。

 

 特に初めて飼うときは、最初のうちは本当に大変です。

 

 イライラしてしまうことも時にはあると思いますが、大切な家族です。

 

 怒ってしまったとしても、あとで抱きしめてあげて下さい。

 

 うちのわんちゃんは現在1歳半2歳3ヶ月ですが、1歳前後からトイレの回数も少なくなり、性格も少し落ち着いてきました。

 

 元々夜泣きなどもなく、今は本当に手間もかかりません。

 

 相変わらずやんちゃではありますが。。。

 

 やっぱり一緒にいて毎日本当に楽しいですし、幸せです。ぜひ楽しいペットライフを始めてくださいね!