ほんたくからのおくりもの

日々の生活に役立つ耳寄り情報をお届け

【アグリカルチャーVol.1】農業に興味を持ったらまずはこれをやってみよう!

ãé»éè²ã«ç©ãæºãã麦çã

 

こんにちは、ほんたくです。

 

「将来は農業やってみたいなー」

「脱サラして農業をやってみたい!」

「農業に関する細かい情報が欲しいなー」

 

最近は「下町ロケット ヤタガラス」の影響もあり、農業に興味を持つ人が増えていると思います。

 

因みに私は去年脱サラをして、今年の4月から農業の学校へ通っています。

 

今日は、「農業ってどんなものか気になる」「将来的に農業やりたい」「ちょっと農業がどんなものか体験してみたい」と考えている方向けに、「本当に自分に農業が合っているのか」を確かめるのに本格的に農業始める前に入り口として、やっておいてみたほうがいいかなと思うことを書いていきます。

 

 

 

1.農業体験をする

 

最近では農業体験を出来るところもかなり増えてきました。

農業は思っている以上に地味な作業が多いです。

まずは肌感覚にあっているかは、体験しておいた方が良いと思います。

 

例えば以下のようなサイトで農業体験の予約が出来ます。

 

農業体験の予約なら | アクティビティジャパン

 

もう少し本格的にやりたいということであれば、市民農園もおすすめです。

例えば、「シェア畑」という、畑をレンタル出来るサービスがあります。

 

シェア畑 | 週末農業体験を楽しむ貸し農園(市民農園)

 

2.自宅で簡単な家庭菜園をしてみる

 

最近では水耕栽培で簡単に室内で育てられる野菜キットやベランダで簡単に育てられる野菜キットも増えてきました。

 

【水耕栽培キット・COX型】お部屋で育てる!ブロッコリースプラウト

 

農家の土でハーブを育てる【ハーブ有機栽培セット】

 

都心のマンション暮らしですと、ベランダが狭くて何個もプランターを置くことが出来なかったり、虫や農薬による隣や近所の方の苦情のリスクが考えられる方は水耕栽培をおすすめします。

 

3.新・農業人フェアに参加する

 

新・農業人フェアをご存知でしょうか?

 

全国の各地域の相談員の方や農家さんが会場に集まって、各地域のリアルなお話を聞いたり就農相談をしたりすることが出来ます。

 

トップ | 新・農業人フェア PRODUCED BY RECRUIT

 

実際にこれから農業を始めてみたいと考えている方や興味を持っている方が多く来場されますので、農業の情報を集めるには絶好の場所といえます。

 

私も池袋で開催されたときに一度行ってみたことがあります。たくさんのブースがありますので、気になったところから積極的に話をしてみるとよいと思います。

 

是非一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

4.まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

農業は良くも悪くも情報が出回っていなかったり、地域毎に考え方や特色も全然違います。就農する場所の気候や土壌の性質によっては作ることが難しい野菜もあったりします。

 

ちょっとでも農業に興味を持ったら、まずは自分で体験してみたりイベントに参加してみて下さい。

 

なんとなくでも、自分に合うかが分かりますし、農業が身近に感じられると思いますよ。